静かな田舎の温泉紹介の索引です♪

北海道・利尻富士温泉。 最北の地にある温泉です〜(^^)

利尻富士温泉.jpg利尻富士温泉

今回の、田舎の温泉紹介は、
離島の温泉です。北海道の
離れ島である利尻島に沸く
まだまだ出来立てホヤホヤ、
新米温泉なのですが・・・、
その 素晴らしい環境に匹敵するのは、
屋久島にある温泉くらいのものでしょうね手(チョキ)

開湯は 平成8年に温泉が発見されてからで、
本格的な営業は、平成10年5月1日オープン。
歴史と言えるようなものはございませんが、
最北の地にわく温泉として、かなりの人気!
それを裏付ける様に、温泉保養施設には、
なんと 年に6〜7万人もの方が訪れるそうです。

礼文島と並ぶ利尻島は 日本百名山の1つとして
数えられもする美しい山、利尻富士が有名で、
これまでは その美しい山を観光したり登山が
目的のお客さんが来るだけの離島でしたが・・・、
今では、この利尻富士温泉に 浸かろう〜♪
との温泉ファンも、随分来られるようですよ。

温泉は 利尻島北部の町 鴛泊(おしどまり)と言う
利尻島の玄関口である フェリーの発着港の町から
利尻岳へ登る、登山道へ続く道路の途中にあります。
今回 念願かない ようやくこの温泉を訪問しました。
利用させていただいた お宿家は、

利尻富士観光ホテル さん。


いくら、ウニ、昆布、ホタテ、カニ〜♪
おかわり自由の食べ放題でした〜(^^)/
お宿は綺麗で従業員の方も親切この上なし!
何も申す事のない、良いお宿でした・・・、
と、このホテルの印象は ここまでです(~_~;)

と言うのも、ホテルにも温泉があるのですが
目的はここのお湯ではなく、大元の施設です手(チョキ)
それは、利尻富士温泉保養施設でして、
お宿は ただ泊まれる所があれば良かった、
と言うだけで、それにしては正解のお宿ですが、
ここに来た目的は、その温泉保養施設なので、
ここからは、そこの印象をば・・・、

利尻富士温泉保養施設.jpg

えらくがっちりとした頑丈そうな建物です、
厳寒の地です、極寒の冬のに耐える様な造りで
その風格からして、凄い地に来たぞ〜の想いが!
施設の中に入ると、内風呂や露天 サウナの他、
打たせ湯など、いろんな施設がありました。
他にもさすがに 保養施設、休憩室や食堂なども
あり、バリアフリーの設計がなされてますぴかぴか(新しい)

念願のお湯は・・・やや熱めで 緑色のお湯。
大変やわらかい肌触りで、サラサラした感触です。
ツルツルで気持ちが良い温泉ですね〜(^_^)v
泉質は、ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉で、
低弱張性弱アルカリ性泉 との表示が在りました。

そして、ここの一番のお風呂は・・露天です揺れるハート
1日約60トンの湯量であふれる露天風呂が最高!
ただ問題は、天候次第なのですが、私は日頃の
行いが良いせいか(^_^;) バッチリと、利尻岳がるんるん
大変気持ちの良いお湯に浸かりながら、
最高に良い眺めの露天を、満喫しましたよ(^^)/
最果ての地にある温泉に来た甲斐がありました。

お湯は残念ながら、この人気です、当然の事、
循環の消毒されたお湯ですが・・・足湯の方で、
源泉が楽しめます。湧出量は171リットル/分
と豊富な割りに、島全体に供給するため、
源泉の掛け流しが、出来ないのでしょうね。
それでも、十分満足できました! また来よう揺れるハート

利尻富士温泉、利尻富士観光ホテルへの
アクセスは、飛行機もありますが・・、
今回はフェリーでして、稚内港から
東日本海フェリーにて、鴛泊行きに乗船し、
約100分、鴛泊港下船し、歩いてすぐです。
そして、期待外れの?素晴らしい お宿家のHPは

利尻富士慣行ホテル



posted by 秘湯君1 at 00:00 | 北海道の温泉

何でも揃う格安ネット通販店 何でも揃う格安通販のお店

静かな田舎の温泉 の、目次に戻ります るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。