静かな田舎の温泉紹介の索引です♪

雲母温泉。素晴しいお湯の温泉へ行って見ましょう〜(^^)/

清流荘.jpg
雲母 温泉(きらおんせん)


今回は 新潟県の温泉、
雲母温泉  です。
荒川に沿って 点在し、
村内に5つのお湯が湧く、

えちごせきかわ温泉郷の1つで、
芒硝カルシウム含有弱アルカリ性塩泉の湯は、
リウマチ、神経痛、慢性婦人病に効能があるとされ、
子宝温泉るんるん とも呼ばれています。

この地には、花崗岩が多く存在し 見られ、
花崗岩の中で白く光る 結晶の雲母(うんも)が、
朝日を浴びて キラキラぴかぴか(新しい)輝く姿から、雲母(きらら)
と呼ばれたそうです。・・・
なかなか読めない、雲母(きら)と言う漢字ですが
そう言う経緯で、名がついた、と言われています手(パー)

温泉地は、川沿いに2軒、高台に1軒の湯宿があり、
温泉地は、静かな落ち着いた佇まいで、飯豊連峰の
素晴らしい眺めが一望できる場所にあります。

アルカリ性塩泉の湯は、神経痛 胃腸病、
婦人病、慢性皮膚病などに効能があります。
ゆっくり湯に浸かり外を見渡せば、
飯豊・朝日連峰の 雄大な眺めが望めます。
効能豊かな湯と 大自然が疲れた体や 仕事の
疲れを癒してくれる、静かな いで湯の里ですひらめき

今回 私は、雲母温泉(荒川峡)のに在る、
かくれ里 清流荘 さん家 にお邪魔しました。

温泉旅館さんも、最近は 何処も近代的になり、
せっかく訪れた温泉地の 土地柄や雰囲気などを
感じさせてくれない失恋お宿が多くなる中、
ここ、清流荘さんは、とても貴重なお宿でしょうね。
温泉に来たぞ〜(~o~) って、言う気持になりました いい気分(温泉)

お風呂がとても良かったです。宿泊した お部屋は
二階だったのですが・・・、お風呂は一階にあります。
腰痛で、階段の上り下りが面倒なのですが・・・、
それにもかかわらず 5回も入りに行ったくらいですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

24時間入浴できる温泉ですので、帰る頃には、
手足の皮膚が、ブヨブヨに ふやけてしまいました(^^)
地元の 野菜やきのこ等、素材に拘った料理で、
お食事も、大変 美味しくいただきました。

また、雲母温泉近辺には、共同浴場!もあり、
共同温泉好きの方に、雲母共同浴場 と言う
共同浴場も、ご紹介しておきます。

えちごせきかわ温泉郷の中にあり、無人のお風呂場。
小さな湯船があるだけで、蛇口をひねると
源泉が注がれ、かなりの高温でしたどんっ(衝撃)
井戸水の蛇口と合わせて温度調節をする様です。
お湯は僅かに塩味があり、匂い微か。
色もわずかですが、白みがかるけど、ほとんど透明。
源泉が60度以上もあり、そのままでは火傷しますふらふら

熱めの湯は、良く体に効くと評判です。
料金は一律100円と安く地元の方には 毎日訪れる!
常連客も多いそうです。・・・が、駐車場が・・車(セダン)

なかなか停める場所がなく、苦労しました(+_+)失恋
また場所も、地元の方にお聞きにならないと、
迷う事、必至ですので、取った宿の方にでも
詳しく聞いてから、出かけることをお勧めします。

雲母温泉へのアクセスは、
JR越後下関駅下車、バスで8分ほどで着きますバスダッシュ(走り出すさま)

また、今回の 素晴しい家お宿のサイトは
→ 雲母温泉(荒川峡) かくれ里 清流荘



タグ:田舎の温泉
posted by 秘湯君1 at 15:27 | 新潟県の温泉

何でも揃う格安ネット通販店 何でも揃う格安通販のお店

静かな田舎の温泉 の、目次に戻ります るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。