静かな田舎の温泉紹介の索引です♪

山形県・小野川温泉。歌人・小町の温泉です〜(^^)/

小野川温泉.jpg小野川 温泉

今回の、田舎の温泉紹介は、
山形県米沢市にある温泉に。
小野川温泉の印象です(^^)/
この温泉は、古くから肌に
優しい温まりのお湯として、
親しまれてきているのですが
名前の由来でもある小野川の 小野は、
歌人の小野小町に由来すると言われています。

温泉の源泉湧出温度は かなり高温の80度以上、
そこで 昔は水を足して温度を下げたりもして
お湯の温度を調節していたのですが、お湯の
成分のよさが理解されて以来、近代設備の、
熱交換機を設置し 源泉のままで 温泉が、
用いられるようになったのだそうです〜(~_~)

温泉は、鬼面川の河畔に広がる とても小さな
温泉街で 散歩がてら端から端まで歩けますよ手(チョキ)
そして今回の旅行で、利用した お宿家は、

小野川温泉 河鹿荘 さん。


着いてみれば、大変綺麗ぴかぴか(新しい)なお宿でして、
2007年に、リニューアルオープンしたそうで、
渓流沿いに建つ、かなり立派なお宿でしたるんるん

温泉街から少し離れた所にあり とても広々とした
敷地を持った見た目、少々気位の高そうな宿ですが、
利用してみると そうでもないですよ〜(^^)
庭には、大きな池がありましてノンビリ寛げます。
そして目的であるお湯の方ですが、このお宿には
お風呂が2箇所あり、時間制で男女のお風呂が、
入れ替えている仕組みをとっております。

私が行った時は、大きな丸い形の湯がある、
せせらぎの湯の方が、男湯となっておりました。
お風呂場に入ると 早速硫黄臭が迎えてくれます。
最初に断っておかねばいけないのは・・・、

残念ながら、このお宿は加水されておりますふらふら
記事冒頭に述べた様に、ここは未だ、熱交換器の
設置がない様でして、井戸水にて加水で、
温泉の温度を下げていました。その割合は、
お湯に対して10〜25パーセント、季節によって
その割合が変わるとの事です。

源泉の掛け流しいい気分(温泉)を期待していただけに、
その点は、少しがっかりもしたのですが・・・、
それでも、まあ長湯をして お湯の感触を探ると、
悪くありません揺れるハート 無色透明のお湯で、泉質自体
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉です。
なるほど、これに浸かった 小野小町が美人に
変身した訳は・・・全く分りませんでした〜(^_^;)

美人の湯と言われてもおりますが、ヌメリも
あまり感じられず、大変入りよい印象のお湯した。
また、ここはお湯よりも、露天風呂の雰囲気が、
素晴らしいですよ、河鹿荘の露天風呂は一箇所で、
ここも内湯同様に 男女交代制になっています。
行かれる方に調べておきました〜(^^)/

露天風呂は、朝の11時から男湯となっており、
お昼を過ぎて、2時からは女湯となります。
夜の8時からは、再び男湯となりますよ〜。
そして、その前後に行くと、男女両方が
露天を楽しめますので、行かれる方は参考にひらめき

小野川温泉へのアクセスは JR山形新幹線米沢駅から
山交バス小野川温泉行きで25分、小野川温泉下車です。
今回利用しました、お宿家のホームページは

小野川温泉 河鹿荘


posted by 秘湯君1 at 11:00 | 山形県 ・ 福島県の温泉

何でも揃う格安ネット通販店 何でも揃う格安通販のお店

静かな田舎の温泉 の、目次に戻ります るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。