静かな田舎の温泉紹介の索引です♪

白子温泉。珍しいヨウ素を含む 天然温泉なのです〜(^^)/

白子温泉.jpg白子 温泉

今回の、田舎の温泉紹介は、
千葉県にある白子温泉です。
千葉県長生郡白子町にあり、
九十九里浜で言えば南の端、海岸の近くに沸く温泉です。
天然の温泉は 美人の湯いい気分(温泉)と呼ばれ、
泉質はナトリウム塩化物強塩泉なのですが、
それだけでは、わざわざ行く気がしませんが・・・、

実は、とても珍しい、ヨウ素を含む天然温泉なのです手(パー)
白子の湯は、淡い黄色のお湯は、黄金の湯と呼ばれ、
温泉の開湯以来、お湯を楽しむ人々を魅了しているそうで、
これは行って見なけりゃ〜、と出向いた次第なのです(^^)/

温泉街は お宿が15〜6軒家で、日帰り入浴が可能な宿も
何軒かありました。さらに町営の施設なのですが、
白子アクアセンターには、温水プールや砂風呂の
入浴施設もあるとの事ですが、今回は行っておりません。
この旅行で、宿泊したお宿は 格安の旅館、

白子温泉 ホテル東海荘 さん。


建物や 通されたお部屋などは 古いのですが、
広々として清潔感があり綺麗でした。その点は良いお宿!
のんびり過ごせましたし、料金的にはお勧めのお宿です。

さて、今回の目的である 注目のお湯ですが、
これは、なかなかのお湯でした! ぬるめの方が
好きな私には、ピッタリの温度でして、少々塩分が
きついのですが、かなり長湯が可能な入りよいお湯るんるん
珍しい事に、うがい薬や 消毒薬等に用いられる
ヨウ素が 温泉に解け出たお湯はあまり多くありません。
保湿、美肌効果があると言われていますが、
そのせいか、湯上り後はサラサラとした感じに (~o~)/

又来たいと思うお湯で、かなり気に入った温泉でした。
ただ、旅館の食事の方は いま一つで・・・失恋
海に近いわりに、お刺身の鮮度などは落ちていますし、
天ぷらなども、作り置きの冷えた物でして、
この点は、あまり誉められたお宿ではないですね〜(>_<)

温泉の開湯は近代で、平成元年と言うことですが、
近くに来た時は、また寄ってみたいお湯の一つですね
2キロもボーリングして、掘り出してるお湯だそうですよ。
砂風呂の方は この地で採掘される天然ガスを利用して、
古くから存在しており、40年ほどの歴史があるそうで、
なんと、温泉よりも歴史が古いそうです。 これも、
次に来た時、体験して見ようと思いながら、帰路に車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

泉質は、含ヨウ素ナトリウム塩化物泉で、
効用は、皮膚病、創傷、美肌、神経痛等に有効です。

白子温泉へのアクセスは、
JR外房線茂原駅から小湊鉄道バス白子車庫行き乗車
約20分で中里海岸に到着、下車してすぐです バスダッシュ(走り出すさま)
お料理以外は、なかなか良かったお宿のHPは

白子温泉 ホテル東海荘



posted by 秘湯君1 at 18:59 | 千葉県 ・ 茨城県の温泉

何でも揃う格安ネット通販店 何でも揃う格安通販のお店

静かな田舎の温泉 の、目次に戻ります るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。