静かな田舎の温泉紹介の索引です♪

小森温泉。 オンボロ宿ではありますが、お勧めです(^^)v

小森温泉.jpg小森 温泉

今回の、田舎の温泉紹介は、
岡山県にある小森温泉です。
この温泉は 備前藩主である
池田綱政公が、亨保年間に、湯治場として
開発したと言う、とっても 由緒ある温泉ですぴかぴか(新しい)

岡山県の中部に位置し、山あいに湧く小森温泉は、
江戸時代から在ったとの事ですが・・・、実は、
その温泉は、どうやら枯渇失恋したもようです。
戦後に、地元の方々による 温泉の再興運動が起き
採掘の結果 再び、良質の温泉が湧出したらしく、
見事 この小森温泉が 復興されたと、の事ですいい気分(温泉)

私が、ここへ 行こうと思ったのは、小森温泉
写真を見て、その外見のもの凄さに惹かれたからで、
かな〜り 田舎の様ですし ポンコツの温泉宿みたいで、
こりゃ行くしかない〜(^^)/ と、即・下調べをして、
予約を取り、行ってまいりました〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
当然、泊まったお宿は 写真のポンコツ屋敷(失礼)〜るんるん

小森温泉 さん。

車を飛ばして着きました〜車(セダン)国道429号線沿いです。
到着して、まずは建物を マジマジと拝見です。
写真で見るより、実物は もっとオンボロ〜(~_~;)
この建物の外観、かなり お気に入りです〜揺れるハート
そして中に入って、さらにビックリ! ワニが・・・がく〜(落胆した顔)
なんと、ワニが 壁に張り付いています〜(@_@;)
ここのお宿の方は、どういう趣味なんでしょう〜(?_?)

少し、心配になってはみたものの、予約してますから、
泊まるっきゃない!、と 覚悟を決めて入館しました。
商売っ気なんてまるで無しのようでして、誰も居ません。
その内 女の方が来て 面倒を見てくれましたが、
この温泉、ほとんど 立ち寄り入浴の方ばかりらしく、
私の泊まった日は、もう一組だけで、夜のお宿は
し〜ん!と静まり返り、かなり不気味な夜でしたよわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

挙句 お宿の床は抜けそうな感じでギシギシ言ってます、
低く暗い通路を通り 狭い脱衣場に。近代設備なんぞ
望むべくもありません、早く言いば サイテ〜の状態!
それでも許せるのは、ここのお湯ですハートたち(複数ハート) 内湯が
一つ在るだけで 湯船は 熱めのお湯と ぬるめのお湯に、
真ん中で別れていました。 だれも居りませんから、
化し切り状態で、湯浴びを満喫でき 大満足〜(^^)/

小さな窓もあり そこから外を眺めますと、小川が
見えました、水車も回っています、いい雰囲気〜るんるん
泉質は、後で拝見したのですが、アルカリ性単純泉で
しっかりと硫黄の臭がする なかなかのお湯。
勿論 源泉かけ流しを楽しめますよ! 少々熱めですがどんっ(衝撃)
ここは、お勧め出来る 温泉に間違いありません、

これを お読みの皆さんも、是非いらして見て下さい。
お食事の方も、地元の旬の物が 丁寧に盛り付けられ
贅沢とは無縁ですが、美味しくいただけました。
また、来ようと思いながら、帰路についた次第です。

小森温泉へのアクセスは、
JR津山線福渡駅からタクシーで30分程で到着します車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
今回お世話になった かなり骨董ものの お宿のサイト

小森温泉



posted by 秘湯君1 at 22:43 | 兵庫県 ・ 岡山県の温泉

何でも揃う格安ネット通販店 何でも揃う格安通販のお店

静かな田舎の温泉 の、目次に戻ります るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。