静かな田舎の温泉紹介の索引です♪

湯田温泉。 今回の 田舎?の温泉は 街の、ど真ん中〜(^_^;)

湯田温泉。.jpg湯田 温泉

今回の、田舎の温泉紹介は、
山口県にある湯田温泉です。
実は・・今回の湯田温泉は、
県庁所在地である山口市の、
なんと、 ド真ん中にある温泉どんっ(衝撃)という事で・・・、

今回の記事は 主義に反し、謀反?を犯します(^_^;)/
たまには 田舎でない? 温泉に行きましょう〜るんるんです。

そうは言っても、温泉自体は 約600年も前に
開湯していた、と伝わる 歴史のある温泉なんですよ。
白狐の伝説が残っており、湯田の名前も、田んぼの
真ん中から、源泉が噴出した事で、単純に?、
その名が付いた、との言い伝えです。

一般的な温泉街の雰囲気とは、まるで無縁!、
夜は ネオンぎらぎらぴかぴか(新しい)の 繁華街がすぐ側でがく〜(落胆した顔)
散策できる場所も、自然の中ではなく、快楽街です。
温泉場と繁華街の両方を併せ持った 妙な温泉地です。
そんな風な温泉ですから、一度行ってくれば、
もうイイかも〜 との 軽い気持ちで この温泉に
期待も何もせず 出向いてみた訳なのですが・・・、

静かな田舎の温泉が好きな方も 行かれてない方は、
是非、怖い物見たさ?の気分で、行かれて見るのも、
いいかも知れませんよ〜\(~o~)/
今回の湯田温泉は、番外ゆえ、あまり詳しく温泉の
紹介などはしないつもりでしたが・・・、この様な
ギラギラ温泉にもファンの方が居られるでしょうから
とりあえず、行った感想を 簡単に記事にします手(パー)

江戸時代末期には、尊王攘夷派の藩士や公家たちが、
この辺の土地に、滞在していたらしいのです。
謀反を起こす為に、です! この記事も謀反です(^^)/
この辺り・・と言うより 山陽路は 温泉街と呼べる
場所が あまり存在しない中、ここが随一の温泉街です。
この旅行で、お世話になった お宿家は、

KKR 山口 あさくら さん。


ネオンギラギラから 少しでも離れようと、
ここを選んだのですが、実はここは 公共の施設でした。
山口県はお金持ちなのでしょうか? 建物の外観は、
とても綺麗な大きな建物でして、お庭も大きくて
中々のモンです。さらに特筆すべきは、広い敷地内に
湯量も大変豊富な、自家泉源を持つ事でしょう〜晴れ

と言う事で、お風呂は掛け流しで 大変気持ち良く、
浸かった印象も サラサラした入りよいお湯でした。
それと新設されたばかりの露天風呂も、開放感満点(^^)/
あまり期待もせず、訪れた 温泉とお宿でしたが・・・
予想を遥かに超えて、良かったものですから、
帰る頃には、また来ようかな〜、と豹変するありさま!
田舎でない?温泉も 捨てたもんではございません(^_^;)
安い上に、このお湯とお料理なら、お勧めですね手(チョキ)
私も 旅の通りすがら、また来れれば、再訪しましょう。

湯田温泉への交通の便は、
最寄り駅は山口線湯田温泉駅、タクシーで7分車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)



posted by 秘湯君1 at 23:26 | 山口県 ・ 島根県の温泉

何でも揃う格安ネット通販店 何でも揃う格安通販のお店

静かな田舎の温泉 の、目次に戻ります るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。